アメリカ、ジョージア州。

お母さんのタラ・ウッドさんとスーパーで買い物をしていたノラちゃんは、そこで「運命的な出会い」を果たします。

 
ちょうどその日が、4歳の誕生日だったノラちゃん。

彼女は何を思ったのか、通りすがった1人のおじいさんに「こんにちは、おじいちゃん。今日、私の誕生日なの!」と声をかけました。

こんにちは、お嬢ちゃん。

何歳になったんだい?

 
突然のことに驚きつつも、快く答えてくれたおじいさん。

少し会話を交わした後、2人はにこやかに別れ、それぞれの買い物に戻りました。

スポンサードリンク

 
ところが、その数分後…。

なぜかノラちゃんは、「あのおじいちゃんとどうしても写真が撮りたいの!」とタラさんにおねだりします。

それから2人はスーパーを探し回り、運よく再び、おじいさんを見つけることができました。

 
彼の名前はダンさん。

2人はまるで旧友のように、仲良く写真を撮りました。

 
タラさんが娘のわがままに付き合ってくれたことにお礼を言うと、ダンさんは何故か涙ぐみ、答えます



いいえ、お礼を言うのはこちらのほうです。

こんなに素敵な日は久しぶりです。

幸せな気持ちにさせてくれて、本当にありがとう。

 
ノラちゃんの行動の意図も、ダンさんがなぜ心から感謝してくれたのかも、タラさんにはわかりませんでした。

しかし娘が初対面の人とはぐくんだ不思議な絆を目の当たりにして深く感動した彼女は、このときの出来事と写真をFacebookに投稿。

 
その結果、再び予期せぬ出来事が起こります。

なんと、この投稿が巡り巡ってダンさんの友人の目にとまり、タラさんに直接連絡を取ってきてくれたのです!

 
そこでタラさんは初めて…

ダンさんが奥さんを亡くして以来、幸せそうな笑みを見せなくなっていたという話を聞きました。

 
彼が娘に感謝の言葉をくれた理由を知って、いてもたってもいられなくなった彼女は、ダンさんへ再び連絡を取ることに。

そして



後日、3人は再会!

 
ノラちゃんは、スーパーで一緒に取った写真を額縁に入れてプレゼントし…

 
ダンさんのことをぎゅっと抱きしめました。

誰より彼女が一番、この日を待ち望んでいたに違いありません。

スポンサードリンク

 
その後も「毎日会いたい!」とせがむノラちゃんをなだめつつ(笑)、1週間に最低1回、連絡を取り合い始めた3人。

ダンさんが82歳の誕生日を迎えた際には、親子そろってお祝いに駆けつけました!

 
もちろん、ハロウィンにも!

 
ダンさんが落ち込んでいないかどうか、常に気にかけてやまないというノラちゃん。

 
彼女にとってダンさんは、「自分のおじいちゃん」と言うより、「親友」のような存在なのでしょう。

 
あの日、なぜノラちゃんは、見ず知らずの彼に声をかけたのか。

もしかしたら、彼女の目には…

ダンさんの悲しみに埋もれた優しい心が、しっかりと映っていたのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら してね
LINE