世界各地で猛暑日が記録された2016年の夏。

イギリス・ブライトンにあるロングヒル・ハイスクールの男子生徒たちが、「ある行動」をとって話題を呼びました。

それは



 
「スカートの着用」!

彼らは「暑さ対策」として、なんと女子用の制服スカートをはいて登校を始めたのです!

 
ことの発端は、男子生徒たち数人が、今年一番の暑い日にロングのズボンではなく、風通しのよいショート丈のズボンをはいて行ったときのこと。

その服装が校則違反であるとして、彼らは学校から罰を受けてしまいました。

 
そこで男子生徒たちは、あくまで校則を遵守し、暑さ対策になればと、次の日、制服のスカートをはいて登校したそうです。

すると同校の校長先生は、「スカートは制服なので構いませんし、男子生徒がスカートをはくべからず、という決まりもありませんでした」と、着用をOKしたのだとか。

スポンサードリンク

 
14歳のマイケル・パーカーくんは語ります。

こんなに暑い日なのに、女子生徒ばかり涼しいスカートをはけるのは不公平じゃないかと思いました。

僕たち男子は、暑い日でも黒の長ズボン着用です。

太ももがあぶり焼きにされそうでした。

 
マイケルくんのお母さんのアンジェラさんは、男子生徒たちのこの行動を全面的に支持しています。

マイケルや男子生徒たちの行動を私は誇りに思っています。

女子生徒にだけスカートをはかせて、男子生徒には猛暑日でもショートパンツをはかせないなんて、性差別です。

男子にはショートパンツの制服を選択肢として設けるべきなんです。

 
ルールに則った制服か、それとも子どもたちの身の安全か。

彼らのアクションは、学校に対して大切な問いを投げかける契機となったに違いありません。

この記事が気に入ったら してね
LINE