科学的調査や環境保全といった形で20年もの間、クジラと関わりを持ち続けてきたマイケルさんが、家族とカリフォルニア湾で休暇を過ごしていたときのこと。

 
彼にとって生涯忘れることのできない、ある出来事が起こりました。

スポンサードリンク

 
海を進む途中、彼らは波間に1頭のザトウクジラを発見します。

 
しかし、何やら様子が変…。

ボートを寄せ、シュノーケルを付けて近寄ったマイケルさんは、その原因に気付きました。

 
クジラは、漁師が張った網に絡まってしまっていたのです。

何時間その状態だったのか…非常に消耗していました。

 
「もう一刻の猶予もない」

マイケルさんとその家族は、クジラに絡みついていた網を切り取ってやることに。

 
揺れるボートの上での作業は困難を極めます。

もともと休暇を過ごすつもりでボートを出していましたから、救出用の道具もありません。

 
それでもマイケルさんたちはクジラを救出するために力を合わせ、小さなナイフ1本で網を一つずつ切っていきます。

スポンサードリンク

 
そして…

最後の網を切りました!

 
家族みんなの大歓声が巻き起こります。

ようやくクジラは、自由になることができました!

 
すると…!

 
なんとクジラは、マイケルさんが見えるところで、何度も何度も繰り返しジャンプを披露してくれたのです!

その数は、実に40回にも及んだといいます。

 
苦しみから解放された嬉しさとその感謝を、身体中で表してくれたのでしょうか。

クジラの優しさ、そして賢さを感じる一幕に、胸が熱くなりました。

この記事が気に入ったら してね
LINE