ある日、1歳10ヵ月のバクスレーちゃんは、誤ってコインを飲みこんでしまいました。

通報を受けた警察官のパトリック・レイさんが現場に到着したときには、すでに彼女の唇は紫色に変色し、意識がない状態…。

 
すぐに喉に詰まっていたコインを取り出しましたが、バクスレーちゃんの呼吸は回復しません。

 
彼女を救いたい。

自身も2人の子どもを持つレイ警官は、渾身の思いで心肺蘇生処置を続けます。

意識のないバクスレーちゃんの青い瞳が…

『私を助けるためにきてくれたのね』と訴えかけているかのように感じました。

 
そして



祈りが通じました!

数分後、バクスレーちゃんは息を吹き返し、大声で泣き始めたのです。

スポンサードリンク

 
レイ警官は後に表彰され、世間からも称賛の声を浴びました。

あのときのバクスレーちゃんの呼吸音は…

人生で耳にしてきた中で最も素晴らしい音でした。

 
それから1年…

順調に回復したバクスレーちゃんは、感謝の気持ちを込めて、レイ警官を2人っきりの「ティー・パーティー」に招待しました!

 
大切な思い出を残すため、お母さんはプロのカメラマンへ撮影を依頼。

 
笑顔がまぶしい!!

素敵な写真が、たくさん撮れましたね(*´▽`*)

スポンサードリンク

 
バクスレーちゃんにとって、レイ警官は自身の命を救ったヒーロー。

しかし彼は、ちっとも得意げに振る舞うことなく語ります。

バクスレーちゃんが私に命を救ってもらえてラッキーだ、とみなさんおっしゃるのですが、それは違います。

バクスレーちゃんが学校に通って、結婚して、家庭を持って…。

そんな彼女のこれからの人生を、私は影ながら見守ることができるのです。

本当にラッキーなのは、私の方ですよ。

 
予期せぬ運命がもたらした出会い。

彼らの美しい絆は、これからも永遠に続いていくことでしょう(*´▽`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE