匿名掲示板に、とあるユーザーが『小学校の日記』をめぐる体験談を投稿しました。

 
●ユーザーID:RCv

小学校の時に担任に日記を書くように言われた。

またそれを提出するようにと。

 
当時、先生の言うこと聞かなきゃと思って、ノート用意して書き始めた。

最初はみんな提出してたけど、日記って案外面倒くさいのよね。

段々提出しなくなってきた。

 
最終的には、私を含めて数人だったかな。提出してたのは。

先生も提出するようにって言っても聞かない。

 
私はとりあえず続けて提出してた。

まあ、面倒くさいけどやらねばと思って。

段々書くことも少なくなってきて…

最終的には「今日は平和でした」がテンプレになってきた。

 
下手すると1週間全部「今日は平和でした」って文章。

姉に見られて笑われた。

[2019/02/24(日)20:14:39]

 
「今日は平和でした」(笑)!!

とっても子どもらしいセンスが光るエピソードですね(*´艸`*)

スポンサードリンク

 
すると、先生は…

 
●ユーザーID:RCv

でも先生は怒らずにちゃんとコメントしてくれるのよね。

『そうなんですね。良かったですね』って。

勿論先生もこれしか言うことないからしょうがない。

 
ある時に、好きな子と遊んだ。そりゃ楽しいよ。

それを日記にたっぷり書いた。

10行くらいかな。

それを提出したら、先生から『お!今日の日記は気合いが入ってますね。楽しさが伝わります』って。

嬉しかったわ。

 
その後も10行とは言わないが、5行くらいは書くようになって、やがて小学校を卒業した。

そのおかげで文章書くのが苦じゃないし…

「わかりやすい文章」とか「詳しく書いてある」って言われるようになって助かった。

[2019/02/24(日)20:14:39]

 
一方で投稿主さんは、とある友人から「この話とは真逆のエピソード」も聞いたことがあったそう。

 
●ユーザーID:RCv

その同期も、同じく担任の先生から日記提出を義務づけられていたが…

「文章は5行以上」「漢字は5個以上使うこと」など制限が多く、今でも文章書くのが苦痛だということ。

 
厳しくする場合も、限度があるのよね。

全く同じ事をしてるのに結果がまるで違う。

あの時、どんな短文でも先生が怒らずにコメントしてくれたのは大きい。

[2019/02/24(日)20:14:39]

スポンサードリンク

 
たった一言でも、自分の言葉に「返事」があるというのは嬉しいものです。

きっと先生も、宿題をまじめに出してくれていた投稿主さんに対して、同じ気持ちを抱いていたのでしょう(*´▽`*)

 
素敵な思い出をめぐる一幕に、心がほっこり温まりました。

この記事が気に入ったら してね
LINE