アメリカ・シカゴで暮らすアシュリー・ラングさんは、ゴールデンレトリバーのワグナーと幸せに暮らしていました。

 
休日には公園へ散歩に行ったり、湖のほとりでリラックスしたりと、かけがえのないひと時を過ごす日々。

 
しかし…

そんな毎日にも終わりが訪れます。

スポンサードリンク

 
12歳になったある日、ワグナーは、老衰のため息を引き取ってしまいました。

 
愛犬の死を悼み、「最後に何か特別なことをしてあげたい」と思ったアシュリーさん。

いつも一緒に遊んでいた公園でワグナーの遺灰を撒いてあげることに決めました。

 
友人がその様子を記録に残そうと、カメラを構えます。

 
そして…

シャッターを切った瞬間。

 
撮影された写真は、「ある奇跡」をとらえていました



 
空に舞った遺灰が…

まるで、「アシュリーさんにじゃれつく犬」を思わせる形を成したのです。

とても驚いたわ。

あの尻尾も足も、飛び上がるときのワグナーのようだったから。

 
思い出があふれる公園、大好きな場所に連れてきてくれた飼い主さんへ…

ワグナーは、最後のありがとうを伝えに来たのかもしれませんね。

 
不思議なエピソードに、心が温かくなりました。

この記事が気に入ったら してね
LINE