ある日のこと。

アメリカ、サンフランシスコの企業『Getaround』に勤務するジェシカ・スコルピオさんの下に、頼んだ覚えのないデリバリーが届きました。

 
不思議に思った彼女がふたを開けてみると、そこには



多くの履歴書はゴミ箱へ。

僕の履歴書は、あなたのお腹の中へ。

 
こんにちは。

このデリバリーは、間違って届いたものではありません。

自分の履歴書を確実に、あなたへ届ける為にこうしました。

 
就職希望のメッセージとともに、地元で有名な『Mr. Holmes Bakehouse』のドーナッツが!

ユーモアあふれる自己アピールに、ジェシカさんは「斬新なアプローチ、大歓迎よ!」と称賛を送りました!

スポンサードリンク

 
この「履歴書」の送り主は、リトアニア人で、マーケティングのエキスパートであるルーカス・イラさん。

彼は母国からサンフランシスコへ移り住んで、新しいキャリアを始めようとしていました。

各企業の上層部へ直接アピールするために、一番良い方法はなにかって考えてた。

経験のある他の候補者と比較されたら、履歴書レベルで落とされるだろうって思ってたからね。

 
そして今回の作戦を思いついたルーカスさんは、配達人になりすまし、自らの足で広告会社10社とテクノロジー会社30社にドーナツを届けました。

 
すると…

 
40社のうち、10社から「面接に来てほしい」とのオファーが返ってきたそう!

飛び込みでの就職活動においては、間違いなく「大成功」と言える結果です。

 
マーケティングのプロとして、自身が培ってきた「PR力」を存分に披露したルーカスさん。

その発想力に、脱帽ですね(*´▽`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE