ある日のこと。

オーストラリアのニューサウスウェールズに住むタイソン・クラウリーさんは、仕事に行く前にガソリンスタンドへ立ち寄りました。

 
ガソリンを満タンにした後、コーヒーを片手にレジに向かい…

クレジットカードを出したところで、彼はハッとしました。

 
新しい口座を作ったばかりだったタイソンさんは、カードの暗証番号をすっかり忘れてしまったのです!

 
現金も手元になく、このままでは支払いが出来ません。

「これから仕事に行かなくちゃいけないのに…まずい、どうしたらいいんだ」

 
彼がパニックに陥りかけた、その時…

俺が代わりに払うよ。

 
背後から、一人の男性がタイソンさんに声をかけました。

スポンサードリンク

 
タイソンさんの支払うべき金額は、110オーストラリアドル(およそ8700円)。

見ず知らずの人に払ってもらうにはかなりの大金でしたが、他にどうすることもできず、男性の厚意に甘えることに。

 
支払いを済ませてもらった後で、後日お金を返すべく、タイソンさんがレシートに連絡先を書くよう頼むと…

男性はその頼みには応じず、代わりに自分のファーストネームと、「ある一言」を小さくつづりました



「次の誰かに繋げて」

ただただ、打ちのめされました。

人が他の誰かに対し、こんなにも優しくなれるなんて、僕には信じられなかったんです。

 
胸がいっぱいになったタイソンさんは、ジョンと名乗るその男性に、一緒に写真を撮ってほしいとお願いします。

 
その後、この写真がFacebookに投稿されると、すぐに大きな反響が寄せられ…

「親切なジョンさん」は、地元のアイスホッケーチーム『ニューキャッスル・ノース・スターズ』に所属する、ジョン・ケネディ・ジュニア選手であることが判明しました。

スポンサードリンク

 
その後まもなく、タイソンさんは、ジョンさんの言葉を実行に移しました。

 
彼は、ジョンさんと出会ったガソリンスタンドを再び訪れ、給油を終えた人に声をかけます。

そして支払いを済ませた後、タイソンさんはレシートに書きました。

 
「次の誰かに繋げて ジョンがしてくれたように」

 
自分が受けた優しさを別の誰かに繋げてほしい。

そんなジョンさんの思いは、確実にタイソンさんに届きました。

そして彼から、また別の誰かへ…。

 
海外メディアのインタビューに対し、「ジョンさんに再び会って、ビールの一杯でもご馳走したい」と語ったタイソンさん。

もしかすると…願いの後半は「繋げられた」誰かによって、すでに叶えられているかもしれません(*´艸`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE