ケイト・ダグラスさんは、2人の息子を持つ専業主婦。

ある日、イタズラ盛りの2人の子どもたちに手を焼き、すっかり参ってしまった彼女は、帰ってきた旦那さんに彼らを預け、気分転換に外出することにしたそうです。

 
そして数時間後、家に帰ってきてみると…。

部屋の中には、旦那さんがケイトさんにあてて書いた、1通の手紙がありました



いくら忙しくたって帰宅すれば、もう僕に会社の仕事はない。

でも僕の美しい妻は、母親としての務めを全うするために…

毎日毎日、働いて働いて、疲れ果ててボロボロになっている。

 
僕と違って、決められた就業時間もなければ、残業代も、ボーナスもない。

病気だからやめるというわけにも行かない。

週末も、休日も関係ない。

どんなに一生懸命働いたって、感謝してももらえなければ、やっていることに意味があるのかさえわからない。

そんな日々がずっと続いていく。

 
息子たちは毎朝、フカフカのベッドで目を覚ます。

もちろん君が洗ってくれたおかげだ。

そして、君が1週間前から綿密に買う物をリストアップして作ってくれた朝ご飯を食べる。

 
1人が保育所に持って行く栄養満点のお弁当を、もう1人をあやしながら作る。

お兄ちゃんを保育所へ送り届けて、ぐずったら、1時間でも付きあって安心させてやる。

そのあと家に戻って、2歳の弟のために会話とトイレトレーニングをする。

 
下の子がやっと昼寝してくれたからといって、一緒にゆっくりはできない。

その間に終わらせておかないといけない家事は山ほどある。

そうこうしているうちに、上の子を迎えに行く時間になる。

君はきちんと保育所の先生に今日の出来事を確認する。

家に帰るとご飯を作り、子どもたちが夕食をとる頃になって、やっとこの日初めて、帰ってきた僕と大人の会話ができるようになる。

君はまるで、世界中の問題を解決するかのように働き続けている。

 
たとえ調子の悪い日でも、病気だとも言わず、育児を投げ出すこともなく、また明日も同じことが繰り返されるとわかっていながら、英気を養うため眠りにつく。

本当に素晴らしい母親だ。

 
そんな風に見えてなかったとしても…

君は2人の息子たちにとって最も素晴らしい存在であり、僕たちはみんな、君のことが大好きだ。

スポンサードリンク

 
家族を支えるために働くのは、本当に大変です。

ときには自信を失い、責任に押しつぶされてしまうこともあるでしょう。

 
そんなとき、「理解しあえる仲間がいる」という事実は、この上なく大きな力となるに違いありません。

So I had a hard day with my 2 boys yesterday when my husband got home I was defeated. They won. I went out for a few…

Kate Douglasさんの投稿 2016年10月17日月曜日

 
2人で支えあう夫婦の間には、「見てるよ」と「ありがとう」が必要不可欠。

感謝はしてるけど、なかなか口には出しずらいという世のお父さん・お母さん方は…

ケイトさんの旦那さんのように、手紙を書いてみてはいかがでしょうか(*´▽`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE