2015年5月。

アメリカ・ネブラスカ州在住のロバート・クグラーさんの愛犬・ベラは、骨肉腫(骨のがん)と診断されました。

 
安楽死という選択をとらずに、ベラを痛みから開放するべく…

クグラーさんは、彼女の足を切断することに決めます。

 
そして、処置は無事に終了したのですが…

後に、がんが肺にまで転移していることが判明。

余命は3ヶ月、長くて半年という、あまりにも残酷な宣告が下されたのです。

 
クグラーさんは思いました。

家に帰ったらベラが冷たくなっていた…そんな事は絶対に嫌だ。

それに、彼女には残された時間を最大限楽しんでほしい。

 
そして彼は…

 
ベラと一緒に、「旅へ出る」ことを決めます!

スポンサードリンク

 
学校を卒業し、就職を考えていたクグラーさん。

しかし、ベラとの時間には代えられません。

 
シカゴからアメリカ北東部、そしてフロリダへと向かってネブラスカの自宅へ戻り…

 
その後も、彼らの旅は続きました。

 
ネブラスカを離れ、冒険を再スタート。

 
幸せに溢れた、躍動感いっぱいの写真をご覧ください!

スポンサードリンク

 
奇跡のような時間を過ごした2人。

様々な光景をともに見つめる度、かけがえのない思い出が、互いの胸にしっかりと刻まれていきます。

 
そして、余命半年と宣告されてから実に14ヶ月半が経った、2016年10月29日





クグラーさんは、愛犬の最後の写真を、Instagramに投稿しました。

 

ベラの生命力、そして「幸せを逃すまい」とする根性に、どれほど勇気をもらったことか。

彼女の写真をシェアしようと決めた理由はそこにある。

多くの人にも、ベラと同じように、勇気を持ってもらいたかったんだ。

 
苦難に負けず、最後まで命を燃やし続けたベラ。

その魂は今もなお、クグラーさんの心を照らし続けています。

この記事が気に入ったら してね
LINE