仲睦まじく暮らしていた犬のノヴァと猫のフーティ。

しかし…ある日、ノヴァが天国へと旅立ってしまいました。

 
そして、遺灰となった家族と対面したフーティは…

 
遺灰の箱へ頭をこすりつけ続ける様子を見て、飼い主さんも思わず涙を流します。

もう二度と会えないこと。それでも絆は途絶えないこと。

きっとそのどちらも、フーティには分かっていたのでしょう。

切ない光景に、胸が苦しくなりました。

この記事が気に入ったら してね
LINE