2016年9月1日、来日したサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が、天皇陛下と御会見されたときのこと。

その際の様子を撮影した1枚の写真に、世界中から大絶賛の声が寄せられました。

Photo of the day. Saudi Deputy Crown Prince Mohammed bin Salman meeting Japan's Emperor Akihito. Such an un-Gulf meeting. #Minimalism

Sultan Sooud Al-Qassemiさんの投稿 2016年9月1日木曜日

 
光溢れるやわらかな色合いの室内には、3脚の椅子、テーブル、そして花瓶のみ。

最低限のものしか置かれていないにもかかわらず、その内観からは、美しさや気品が漂っています。

スポンサードリンク

 
各国のFacebookユーザー達のコメントを見ると…

 
●サウジアラビア

この写真を見ると嬉しく感じる。

副皇太子が、シルクやジュエリーなどの派手な装飾に頼らずとも、とても穏やかな気持ちで対談されていることが分かるからだ。

本当に素晴らしい場所だ。

うるさくないシンプルな作りで、大事な部分1点にまとめられている。日本らしいよ!

 
●オーストラリア

同じだけど、やっぱり違う!

 
●スイス

もしサウジアラビアの皇太子が天皇陛下を自国へ呼んだら、1つの部屋にこれだけ詰め込めるのかっていうぐらいの花や装飾品に、陛下が恐怖することは想像に難くないね。

 
●カタール

日本の天皇陛下と最高のミニマリズムの形。

 
●マレーシア

これこそが真のミニマリズムだ!

 
●アメリカ

金も装飾もなく、衝撃的な1枚だ。

この謙虚さが美しいのだろう。

 
●モロッコ

静けさこそが賢明なり。

 
装飾品で埋めつくすのではなく、シンプルで心地良い空間を作り上げた陛下のおもてなしに、多くの方が惹きつけられたようです。

 
宮内庁によると、このとき陛下は「東日本大震災の際にお見舞いをいただいたことに感謝します」と礼を述べられ…

対するムハンマド副皇太子は「それは我々の義務です。日本は極めて重要なパートナーなので、困っているときにはそばに寄り添うのが真の友人です」と応じられたそう。

 
一対一の立場を尊重しつつ安心感をもたらすインテリアは、穏やかで充実した対話を行う上で、最高の機能を果たしたに違いありません(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE