冬のロシア。

車にひかれてしまった犬のシャビは、2本の足を骨折し、道路に横たわったまま死を待つだけの状態でした。

 
そこへたまたま通りかかったニーナ・バラノフスカヤさんが、彼女を病院へ運び込み…

無事に退院してからも、しばらくの間、自宅で面倒を見ることに決めます。

 
シャビが回復するまでの6ヶ月間、もう一度歩けるようになるためのリハビリに加え、基本的なしつけも行ったニーナさん。

頭がいいシャビは、様々な指示をすぐに習得したものの…

人間や車への恐怖心を乗り越え、外の世界に慣れるまでには時間がかかったそうです。

 
元気を取り戻したシャビは、およそ300キロ離れた田舎に住んでいたニーナさんの友人に引き取ってもらえることになりました。

 
ニーナさんとしても、本当はそのまま引き取ってあげたかったのですが…

すでに3匹の猫と2匹の保護犬を抱えていた彼女のアパートには余裕がなく、さらには十分な愛情を与えてあげる時間もないだろうとの理由から、苦渋の決断を下すしかありませんでした。

 
しかし、その翌日…

信じられない事件が起きます。

 
何とシャビが、新しい家のフェンスの下に穴を掘り、そこから脱走してしまったのです。

スポンサードリンク

 
悲しいニュースは、新しい飼い主さんによってニーナさんにも伝えられました。

どうして逃げ出してしまったのか。

今はどこで何をしているのか。

悲しみに暮れる日々が続きます。

 
それから2週間後がたち…

道路を歩いていたニーナさんは、足元に突然何かに撫でられるような感触を感じました。

 
視線を落とすと



そこには、シャビが!

 
信じられないと涙を流すニーナさんの胸へ、ためらいなく飛び込んだシャビ。

身を切られる想いで送り出した犬が、なんと300キロの道のりを2週間かけて、自分が暮らした家へと戻ってきたのです。

 
長旅で細くやつれてしまった身体を抱きしめしながら…

ニーナさんは、どんな理由があろうと、もう二度とシャビを離さないと心に誓いました。

スポンサードリンク

 
この話が地元の新聞に掲載されると、ニーナさんのもとには寄付の申し出が殺到しました。

しかし、彼女はそれらを全て断り、こんなお願いをしたそうです。

寄付の申し出に心の底から感謝しています。

しかし私は、お金が欲しいから行動しているわけではありません。

 
もし、どうしても役に立つことがしたいと思うのでしたら…

どうかあなたたちの助けが必要をしている動物たちを、見捨てないであげてください。

 
動物たちは私たちからの愛情やケアを必要としているのです。

そして動物たちは、私たちの愛情に必ず応えてくれます。

 
冷たい道路の上で命を落としかけていたシャビ。

万が一、同じように苦しむ動物たちを見かけたときは…

我々もニーナさんのように、ためらわず手を差し伸べたいですね。

この記事が気に入ったら してね
LINE