それは、ある火曜日のこと。

旅行を控えていたオーストラリア・ラザフォードに住むマーク・ウッドブリーさんは、必要な釣り道具などを買いに、ほんの10分ほど外出しました。

しかし…

買い物を終えて帰宅したマークさんは、目を疑います。

なんと、自宅の窓から真っ黒い煙が立ち昇っていたのです!

※イメージ

 
マークさんは、真っ先に「恐ろしい事実」を思い出しました。

家の中では、大切な愛犬・ディッチが留守番している。

もちろん自分は、しっかりと鍵をかけた…。

スポンサードリンク

 
「今すぐ助けなければ!」

ためらうことなく、マークさんは炎が燃えさかる家の中に飛び込んでいきました。

が、炎の勢いはとても強く、真っ黒い煙が充満していて息をするのも困難な状況。

いったん退散を余儀なくされてしまいます。

※イメージ

 
無論、諦めるわけにはいきません。

マークさんは再び、炎の中へ突入しました。

しかし…いくら見回してもディッチの姿が見当たりません。

長時間いられるはずもなく、再度引き返します。

スポンサードリンク

 
そして、3回目。

炎の中をさまよっていたとき、マークさんは何かにつまづいてよろけます。

足元を見ると…

そこには、ぐったりと横たわったディッチが!!

※イメージ

 
マークさんはすぐさまディッチを担ぎ上げ、外へと運び出しました。

そして、無我夢中で必死に蘇生を試みます。

 
ほどなくして、4台の消防車と救急車、そして警察が現場に到着。

酸素マスクを装着してもらったディッチは、そのまま動物病院へ運ばれていき





幸運にも、その日の午後には容体が安定したといいます。

 
全てを物語る1枚の写真。

マークさんは無事に帰ってきてくれた家族を、強く抱きしめました。

家財道具はすべて失った。

でも、一番守りたかったディッチが無事で、本当に本当に良かった!

 
ためらうことなく何度も炎の中へ飛び込んだ飼い主。

この出来事によって、2人の絆は、ますます深まったことでしょう。

この記事が気に入ったら してね
LINE