ある日、イタリア・フォリーニョの林の中でジュストッツィさん夫婦が出会ったのは…

栄養失調で死にかけていた孤児のウリ坊でした。

体は凍えて、とても痩せ細っていた。

あの目で見つめられた瞬間に、心が奪われたのよ。

放っておけるわけがないじゃない。

 
弱っていたイノシシの子どもにパスクアリーナと名付けた夫妻は、家に連れて帰って世話することに決めます。

 
そして2年後。

とっても小さくて可愛らしかった彼女は





 
でっけええええええ!!Σ(゚Д゚;)

こんなにも巨大なイノシシに急成長したのです(笑)!

スポンサードリンク

 
体は大きくなったものの、小さなころから人間に育てられたせいか、犬のような行動を取るというパスクアリーナ。

家族の後ろにずーっとついて来たり…

 
お父さんに甘えて鼻を撫でてもらったり…

 
ソファでゆったりしたり…

 
気のおもむくまま、自由な生活を送っています(*´艸`*)

夫婦とパスクアリーナの日常を、ぜひ動画でもご覧ください!

スポンサードリンク

 
パスクアリーナの他にもネコ、イヌ、ロバ、鶏など、さまざまな動物を飼っているジュストッツィたち。

とはいえ…やはり見た目の存在感については、文句なしのナンバーワンですね(笑)

 
11匹のネコたちとは、夕食を一緒に食べるほど仲良しなのだとか。

こんなにお茶目なイノシシなら、ぜひとも一緒に過ごしてみたいものです(*´ェ`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE