水沢清流 (@Mizsawa)さんは以前、こんな提案をTwitter上に投稿しました。

 
24時間テレビでは毎年8月下旬、障害を持つ方々が様々なことに挑戦する様子が映し出されてきましたが…

同時期に開催されるパラリンピックについては、まさしく「チャレンジ」の最たるものであるにもかかわらず、民放各局が生中継を行わないなど、軽視されている印象が否めません。

スポンサードリンク

 
事実、この意見には続々と賛同の声が集まりました。

 
ハンディキャップを抱えるアスリートたちの雄姿は、同じ障害に悩む人々にも、大きな勇気を与えることでしょう。

 
ネットの反応

●夜中にやる意味もあるってもんだ

●少なくともパラリンピックもオリンピックと同様の扱いをするべき

●パラリンピックをもっと報道してほしいという思いはあるけれど、24時間TVのような番組はあってほしい。知的障がいと肢体不自由では別次元の話だから

●パラリンピック見たい! 絶対盛り上がる

 
2020年の東京パラリンピックは、8月25日から9月6日に開催予定です。

それまでに、この意見が広く拡散されていくことを願います。

この記事が気に入ったら してね
LINE