地面に座った男性の手を取る、1人の女の子。

 
撮影者のケニヤッタ・ルイスさんは、この写真が生まれた経緯について、Facebookに投稿しました





今日、娘と買い物に行き、店を出た時のことです。

彼女は何かに気が付き、しばらく考え込んだ後…こう問いかけてきました。

ねぇママ、あそこでおじさんが泣いてるの見た?

どうして泣いているんだろう。

 
私は、その質問を受け流します。

なんでかしら?

たぶん、悲しいことがあったんじゃない?

 
すると娘は…

おじさん、暑くて喉が渇いてるのかも。

 
そう言って男性の方に近づき、話しかけたんです。

おじさん、こんにちは。

今日はとっても良い天気で雨も降ってないよ。

だから元気になって!

暑くない?

地面は汚いから、おうちに帰ったほうがいいよ。

 
男性は答えます。

おじさんは、おうちがないんだ。

でも大丈夫。

 
その言葉を聞いたら、娘は悲しそうな顔をして…

おじさんはホームレスなの?

おうちがないなら、冷蔵庫もないのね。

 
そう言うと、自分のお財布から何ドルか取りだして、持っていた飲み物と一緒に男性に手渡しました。

これで、ごはんを食べに行ってくれたら私はとても嬉しい。

私はマクドナルドが大好きなの。

おじさんもマクドナルドに行ってみて!

 
そのやり取りを見ていた他の通行人たちも、同じように男性にお金を渡し始めます。

 
それから私は、そのホームレスの男性と少し話をしてみました。

 
トレーラーハウスが火事になり、全てを失ってしまったこと。

そして、最愛の奥さんまでも、失ってしまったこと。

 
男性の身の上話を聞いて、私は彼に同情しました。

そして同時に、うちの娘が偏見を持たずに見せた思いやりの大切さに、あらためて気づかされたのです。

スポンサードリンク

 
この投稿には、「素晴らしい心を持った娘さんに神様のお恵みを」など、称賛のコメントがたくさん寄せられました。

そして女の子に続けと、ウェブサイトにて、このホームレス男性のためのオンライン寄付が開始された結果…

目標額を越す1800ドル以上ものお金が集まったといいます。

 
ルイスさんは、投稿の最後に綴りました。

子どもたちは”希望”、”未来”であるとよく言いますが、本当にその通りであると思いました。

純粋な気持ちで善い行いができる子どもたちは、この世の中にとって、やはり希望の光なのです。

 
見ず知らずの自分に優しさをくれた女の子は、絶望の中にいた男性にとって、まさしく天使のような存在に思えたことでしょう。

素敵なエピソードに、胸が熱くなりました!

この記事が気に入ったら してね
LINE