マリアさんと愛犬・チャビーには、いろいろな思い出がありました。

私が初めてチャビーにあった時。

これからは私がこの子の世話をするんだと思って、すごく興奮したの。

 

チャビーを赤ちゃんのみたいに抱きかかえるこの写真は、私のお気に入りの1枚。

チャビーからしたら、ちょっと迷惑だったかもしれない(笑)

だから、この日からこの抱っこはやめたわ。

 
写真を見返すたび、昔の記憶が鮮明によみがえります。

 

コレは、『ペット自撮りコンテスト』で優勝した時の写真よ。

チャビーの可愛さが皆にも認めてもらえて、嬉しくてたまらなかった。

 

大学に向かう私を、いつも見送ってくれたの。

スポンサードリンク

 
やがて、16歳を迎えたチャビー。

その別れが近いこと悟ったマリアさんは…

大切な家族との時間を記録に残そうと、親友であるフォトグラファーのスザンヌさんに写真を撮ってもらうことにします。

 

ここ数年、チャビーの体調が徐々に衰えていることに気付いた。

最初は白内障だった。

 

だんだんと耳が遠くなって…

とうとう完全に聞こえなくなってしまった。

 

チャビーは踏ん張ることができず、歩けなくなった。

ぐっすりと眠ることもできてなかった。

 

1週間前に、嘔吐を繰り返すようになった。

吐き気止めの薬も効かず、ものを食べれなくなった。

 

そのころに、チャビーと一緒に写真を撮ることを決めたの。

この子の残り時間が限られていることに気がついたから。

そしてたぶん、もう二度と、一緒に写真を撮ることはできないと思ったから。

 

レントゲンを撮ってもらったら、胆石が見つかったの。

 

手術をすれば取り除くことができる。

でもチャビーの体は随分と弱っていて、手術に耐えられる状態ではなかった。



 

そして、私たちは月曜日にチャビーを楽にさせてあげようって決めたの。

 
あの子がまだ生きているうちにこれを書いておく。

だって、チャビーが永遠の眠りについてからでは…

私は正気でいれる自信がないし、涙で何も見えなくなるから。

 
愛犬を苦しみから開放するために、『尊厳死』を選んだマリアさん。

彼女が綴った想いと同じくらい、天国に旅立ったチャビーの胸にも、たくさんの感謝があったに違いありません。

 
いつかは絶対に訪れてしまう別れ。

その日を後悔なく迎えられるよう…ペットを愛し、日々の喜びを分かち合うことが、飼い主の務めです。

この記事が気に入ったら してね
LINE