2008年のこと。

アフガニスタンへの遠征を控えた英国兵のケビンさんは、バリーさんに笑いながら言いました。

もしも俺が死んだら、なるべくケバケバしいドレスでも着て葬式に来てくれよ!

 
その1年後…

退役間近だったケビンさんは、アフガニスタン・ヘルマンド州で対戦車兵器の爆発に巻き込まれ、命を落としてしまいます。


 
「次の任務が始まったら、もう生きて帰ってこれないだろう」

徐々に激化していく戦いの中で、そんな不安を口にしていたにもかかわらず…

24歳の青年は仲間を救うべく、最後まで先陣を切って戦地へ向かいました。

スポンサードリンク

 
悲痛に暮れるバリーさんの頭に、親友との「たわいない会話」が蘇ります。

そして後日、執り行われた葬儀に



彼は、「ライムグリーンのドレスとネオンピンクのソックス」で現れたのです。

 
2人の間柄を知る参列者たちの中に、誰一人としてその恰好をバカにする人はいませんでした。

 
墓の前にしゃがみ込み、バリーさんは問いかけます。

このドレスの色はどうだ?

とびっきりダサいだろ?

 
2度と返ってこない声を思い出し…涙がこらえられません。

 
我々から「大切な誰か」を奪い続ける戦争。

この悲劇を、2度と繰り返してはいけない。改めてそう思い知らされる一幕でした。

この記事が気に入ったら してね
LINE