ジェイミーさんは、その日もくたくたに疲れながら、食料品を買いにスーパーを訪れました。

 
しかし、泣きわめく2人の子どもたちを抱え、ようやくレジへと辿り着いたと思ったら…

クレジットカードが、200ドル(およそ24000円)の支払いを受け付けてくれません。

これじゃあ払えないわ…。

 
銀行に電話しても解決せず、後ろに続く行列はどんどん長くなるばかり。

持ち合わせも少なかったため、「別のカードを取りに帰るから商品を保管しておいて」と、大慌てで交渉します。

 
すると、そこに見ず知らずの青年・マシューさんが現れました。

 
そして、なんと彼は…

ジェイミーさんの代わりに会計を済ませてくれると言います。

しかも、あろうことか「お金は返さなくてよい」とのこと。

スポンサードリンク

 
無論、大金ゆえに最初は困惑したジェイミーさんでしたが…

やがて、彼のあまりにもまっすぐな親切心を感じとり、その有り難いオファーを受け入れることにしました。

 
別れ際、マシューさんは彼女に伝えます。

お金を返してくれる必要はないけれど…

その代わり、必ず誰か、他の人のことを助ける機会を持って欲しい。

 
そのまま立ち去ろうとする彼を引き留め…

ジェイミーさんは、なんとか名前と連絡先だけを教えてもらいました。

本当に有り難かったわ。

大きなハグをもらった感じよ。

スポンサードリンク

 
およそ1週間後。

あの日の出来事がどうしても忘れられないジェイミーさんは、マシューさんから聞いた勤務先の番号に電話をかけます。

やはり、お返しの品だけでも送りたいと考えたのです。

ところが…

取次ぎをお願いするべくこの話を伝えると、ふと電話口にいた彼の上司が、泣き出しました。

 
いったい何事かと案じた直後



ジェイミーさんは、「マシューさんは自動車事故で亡くなった」という、残酷な現実を告げられたのです。

悲劇は、2人が出会ってから1日と経たずに起こっていました。

 
直接お礼を伝えることも、お金を返すことも、もうできない。

どうしてあんなに優しい人が…。

ジェイミーさんの胸に、どうしようもない悲しみが込み上げてきます。

 
そんな時…

マシューさとんの「約束」が、彼女の中で蘇りました。

「必ず誰か、他の人のことを助ける機会を持って欲しい」

 
ジェイミーさんは、毎日を精一杯生きることの大切さと、まわりにいる人を助けてあげることの大切さを書き綴ったうえで、Facebook上に今回の出来事について投稿します。

彼女の決断。

それは、「マシューさんの遺産」を世の中に広め、親切の輪を可能な限り大きくしていくことでした。

スポンサードリンク

 
結果、このエピソードはニュースでも取り上げられるほどに話題を呼びました。

 
マシューさんのお母さんは言います。

小さい頃から、人を助けるのが大好きな子でした。

スーパーでの話についても、ぜんぜん驚いていませんよ。

彼にとっては当然のことです。

 
なお、Los Angeles Timesの「追記」には、こんな後日談が書かれていました。

マシューさんの妹と牧師であるその夫が、葬儀に向かうべく車を走らせていた時のこと。

道中、夫妻は4人の子どもたちと食事をとるべくレストランへ立ち寄った。

その後、会計を済ませようとして、彼らは驚いた。

すでに「見知らぬ誰か」が、一家の食事代を支払ってくれていたという。

 
マシューさんが遺したものは…

今日も世界のどこかで、困っている人を救っているに違いありません。

この記事が気に入ったら してね
LINE