米バージニア州リーズバーグに住むイビーさん。

週に3回程度スターバックスを訪れる彼が、いつものようにコーヒーを買いに行ったところ…

レジの前で、女性店員から1枚のメモを手渡されました。

 
そこに書かれていた内容を読むと



あなたにも、他のお客さんと同じ体験を提供したい。

そう思って、私は「アメリカ手話(ASL)」を習ってきました。

 
イビーさんは、耳が不自由でした。

そして、苦労する彼の様子を見てきた女性店員はこの手紙を渡し…

「どのドリンクを注文されますか?」と、手話で尋ねてくれたのです。

スポンサードリンク

 
予期せぬ行動に心打たれたイビーさんは、この出来事をFacebookに投稿しました。

本当にビックリした。

彼女には感謝の気持ちでいっぱいだよ。

たった1人の客のため、手話を学ぼうと思ってくれたことに、本当に、本当に感動したんだ。

 
他者を助けるために、新しいことを学びたい。

そんな気持ちの尊さに、改めて気づかされるお話でした(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE