アメリカ・ロサンゼルスでのこと。

シャラ・プラットさんが仕事から車で帰宅中、歩道で一組の親子が、小さな子猫を心配そうに見ているのに気づきます。

「どうしたのだろう?」と車を降りて親子のもとに行ってみると、彼らは、その子猫の親兄弟を探しているとのことでした。

 
シャラさんもしばらく一緒に探してみましたが、親兄弟たちの姿は見当たりません。

交通量の激しいこの路上にこのまま放置しておけば、車に轢かれて死んでしまうだろう。

そう思った彼女は、子猫を家に連れて帰ることにしました。

 
すでに5歳のピットブル犬ロキシーを含む、3匹のペットを飼っていたシャラさん。

子猫については一晩だけ保護してあげて、翌日、動物保護団体に連絡して引き取ってもらおうと考えていました。

 
ところが、次の日の朝。

お別れの前に、ちょっとだけ挨拶をさせてみようと考えたシャラさんが、子猫とロキシーを引き合わせてみると…

 
ロキシーは子猫に、大変興味を持った様子でした。

そして、しばらく様子を見ているうち…

こうなってしまったのです(笑)

スポンサードリンク

 
もう、引き離すなんてできません!

シャラさんは、そのまま自宅で、子猫を飼うことを決断しました。

 
拾った通りの名前から、クレンショウと名付けられた子猫。

シャラさんの予想通りすぐロキシーに懐き、ロキシーもまた、クレンショウの面倒を見てくれるようになりました。

 
ロキシーが行くところに、どこへでもついて回るクレンショウ。まるで親子のようです!

 
さらにクレンショウは、シャラさんの家に住むもう1匹の犬、ケイシーともすぐに友達になりました。

頭を突き合わせて意思疎通…。

 
甘えん坊のクレンショウは、ケイシーにもギュッと寄り添います。

 
種族は違っても、お互いの愛情を確かに感じているようです。

スポンサードリンク

 
そして、仲間はまだいました!

最初はあまり関心のなかった先住猫のラッキーも、だんだんとクレンショウに心を開いていき…

お兄ちゃんとして、彼女を見守ることを決意したようです!

 
一匹さみしく道路をさまよっていたクレンショウでしたが…

今はたくさんの家族に囲まれ、とっても幸せな日々を送っています!

この記事が気に入ったら してね
LINE