アメリカ・ワシントン州にあるバション島で、ティリーとフィービーという2匹の犬が、突然姿を消しました。

連絡を受けたバジョン島の動物保護団体は、すぐに捜索を開始。

まずはFacebookに写真を投稿し、目撃情報を募ります。

 
間もなくして、一本の電話が入りました

森のほうから赤茶色の犬がやってきて、また森に入っていった。

 
ティリーの体毛も赤茶色です!

すぐさまボランティアの人たちに協力を依頼し、先ほど聞いた森の辺りを捜索することに。

 
「ティリー!」捜索を進めるなか、祈りを込めて名前を叫ぶと…

「ワン!」と大きな鳴き声が返ってきました。

スポンサードリンク

 
間違いなくそれは、ティリーの鳴き声!

 
そして…

すぐに、古い貯水槽の側でじっとしているティリーを発見することができました。

 
ボランティアの人たちは直感します。

フィービーは、その貯水庫の中にいる。

 
息をひそめ、「どうか無事でありますように」と中を覗くと





 
そこには、弱りながらも一命をとりとめていたフィービーの姿が!

スポンサードリンク

 
ティリーは助けを求めに走った数分を除いて、約1週間近くもの間、ずっとフィービーの側にいたのです。

 
ひどい空腹状態で体が冷えきっていた2匹でしたが、家に戻るとみるみる回復。

再び元気を取り戻すことができました。

スポンサードリンク

 
今回の出来事に感銘を受けた同団体のエイミー・キャリーさんは語ります。

彼らは、互いを想う犬同士の絆が、どれだけ強いものかということを示してくれた。

 
ティリーとフィービーの友情は、この一件を機に、ますます深まったことでしょう。

素敵なエピソードに、心がほっこり温まりました!

この記事が気に入ったら してね
LINE