はてな匿名ダイアリー」に寄せられた、とあるエピソードに注目が集まっています。

 
その日、投稿主は上司に頼まれて、辞職した先輩のPC内にあるデータの確認・整理を行っていました。

 
するとメーラーから、「奥さん宛」と思える文面の送信履歴がいくつも出てきたそうです。

「もう限界、まぢむり」

「ああ、つらいけど1週間がんばるわ……」

「なにが嫌って、息をするのもつらい」

 
どうやら、精神的にかなり弱っていた様子。

社内における私的メールは禁止だったので、報告するべきかどうか悩みつつ、今度は受信トレイを見ると…

「ほんと、お疲れ様!がんばってね(はぁと」

「今日を乗り越えれば、明日は休みだ!」

「本当に辛い時は、休んでいいんだよ?」

 
暖かく可愛らしい励ましの言葉が、並んでいたといいます。

 
「いい奥さんだなあ」

 
念のため上司には伝えるとしても、これなら許してくれるのではないか。

そう思って、再度よく目を通してみると





それらのメールはすべて、「辞めた先輩が自分宛てに送信・返信したもの」だったと言います。

 
一体、彼はどこまで追い詰められていたのでしょうか。

思わず絶句してしまうお話ですね…。

 
ネットの反応

●ホラーやん…

●色々切ない

●そっとしておいてあげて欲しい。先輩、お疲れ様でした

●心温まらんストーリー

 
その後、ご自身にあった職場に出会えていることを、心から祈るばかりです。

この記事が気に入ったら してね
LINE