mad chick (@helxoanxie)さんが紹介した、海外で実践されている「ペットの引き取り手を探すためのアイデア」に、注目が集まっています。

 
写真家のソフィー・ガマンドさんによるこのポートレイト撮影は、ピットブルを始めとしたシェルター犬たちから「凶暴である」という偏見を取り払うべく、2014年に開始されたそう。

 
花冠をつけ、コチラを見つめる犬たちの表情はどれも穏やかで、家庭がある子たちのそれとなんら変わりません。

保健所の犬たちは皆、「悲しい運命」ではなく、「明るい未来」を待っている。

“不謹慎”という言葉が尊重されがちな日本ですが…こうした捉え方も、今よりもっと広まっていくべきだと感じます。

Twitterの反応
この記事が気に入ったら してね
LINE