ある日女性が見つけたのは、雨が打ち付ける道路の上で冷たく固まった子猫でした。

まだへその緒がついた状態で、雨にびっしょりと濡れた子猫。せめて埋めてあげようと、彼女は子猫に近づきました。

tKMrfgx_R

 
そして、子猫を抱き上げ、移動させようとしたところ…

なんと、まだ微かに心臓が動いているではありませんか!

YgTyCMo_R

 
「一刻も早く病院に連れて行かなくては!」女性は唯一見つかった紙袋で子猫を包み込むと、急いで病院に向かいました。

 
その結果…。

温めながら病院に連れて行ったことも幸いし、子猫は一命を取り留めました。

女性にはあまり経済的な余裕がなかったにも関わらず、治療費などは全く気にならなかったそうです。そして彼女は、子猫を引き取ることを決意しました。

 
こうしてアイリスと名づけられた子猫は、女性とその息子さんに育てられています。

S7S2LSK_R

 
アイリスの状態は、はじめこそ油断できないものでしたが、ガツガツとミルクを飲みピョコピョコと耳を動かす様子を見ているうちに、「この子はきっともう大丈夫」と思えるように。

スポンサードリンク

 
女性がつくったミルクが大好きなアイリス。

RJlMfH6_R

 
お気に入りのミルクボトルをぎゅっ!

image-5_R

 
初めてのおなかナデナデ。

image-7_R

 
もうすぐ目が開きそうです!

zL3CndI_R

 
もし女性が「せめて埋てあげよう」と思わなければ、アイリスはそのまま冷たい雨のなか、本当に死を迎えているところでした。

彼女の優しい気持ちが救った小さな命。アイリスはきっとこの先、彼女と息子さんにたくさんの幸せを届けてくれることでしょう。

この記事が気に入ったら してね
LINE