あるとき、警察官のプレシャス・コーナージョーンズさんは、アメリカ・インディアナポリスの小学校で行われた『ハイ・ファイブ・ラリー』に参加しました。

ms-precious_r

 
『ハイ・ファイブ・ラリー』とは、プレシャスさんの顔見知りの牧師さんが中心となって企画した、地域の人たちと児童がハイタッチをするというイベント。

hi-five-rally-1_r

 
たくさんの子どもたちが大人たちと楽しく交流する様子を、彼女も微笑ましく眺めていたのですが…

hi-five-rally-2_r
 
 
一人の少年の姿が、プレシャスさんの目に留まります。

 
彼は床に突っ伏し、顔を隠してしまっていました。

ひどく不機嫌で落ち込んでいる様子です。

「息子は最近、自分の感情を表したいときに、決まってあのポーズをするんですよ」

 
少し離れたところに困り顔で立っていた彼の母親は、プレシャスさんにそう話しました。

 
こんなとき、「立ちなさい」とまずは体を引き起こしたり、あるいは母親がしていたように、落ち着くまで黙って見守ったりするのが普通なのかもしれません。

 
しかし、無言で何かを訴えているような姿を見て、プレシャスさんは思ったそうです。

「誰だって、君のように寝そべってしまいたいときがあるわ」

 
そして…

 
彼女は、彼と同じように、床に寝そべってみることにしました。

officer-and-boy_r

 
少年に起き上がるよう説得することはせず、プレシャスさんはただ、彼と同じ目線に顔を合わせてみたのです。

そして、泣き出してしまった男の子の涙を拭いて、大丈夫よと優しく声をかけました。

スポンサードリンク

 
そのときの出来事について、彼女は自身のFacebookに、こう書き記しています。

「同じ目線に立つ。それは、相手を思いやり、共感するということ。

こうやって私達人間は、励ましあって生きていくのよ」

 
プレシャスさんには、17才の娘と、それぞれ3才、5才になる息子たちがいました。

自身も幼い子どもを育てる母親だったからこそ、彼女は、このような行動をとったのかもしれません。

 
二人の姿を写した写真には、多くのコメントが寄せられました。

●素晴らしい心の持ち主!

●他者への共感は子どもの成長にとって、とても大切なことだね

●彼女の行動は、少年の世界を変えたと思う。

 
思うようにいかず、何もかも嫌になってしまう時期は、大人も子どもも関係なく、誰にだって訪れます。

そんなとき、自分に共感し、少しでも話を聞いてくれる誰かがいるだけで、心がスッと晴れたりするもの。

 
プレシャスさんが見せた振る舞いは、思いやりの心を持って他人へ接することの大切さを、改めて教えてくれたような気がします。

この記事が気に入ったら してね
LINE