匿名掲示板『GIRL’S TALK』に寄せられた、とあるエピソード。

先日、投稿主は大人4人で懐石料理のお店を訪れました。

 
席に座り、料理を待っていると…

ついたてで仕切られた隣のお座敷席から、赤ん坊の泣き声が聞こえてきたそうです。

 
しかし、お父さんとお母さんにあやされてすぐに泣き止み…

その後もなんとなくグズっている様子の時はありましたが、たいして気にもならぬまま、穏やかな時間が過ぎていきました。

スポンサードリンク

 
そして、デザートが運ばれてくる頃。

ふと、隣の席から20代前半くらいの「今どき風な男性」が現れて、投稿主さんたちにこう言ったそうです



お食事中失礼します。

子連れで騒がしくしてしまい、ご迷惑をおかけしました。

 
続けて、赤ちゃんを抱いた奥さんも現れて…

ご迷惑をおかけして、すみませんでした。

 
そう一言残し、去っていったといいます。

 
予想外の出来事に感銘を受けた、投稿主は…

きっと、あの赤ちゃんは素敵な子に育つんだろーな。

私はまだ子どもいないから、子育ての事なんて全然わかんないし、色んな苦労があるんだろうけど…

子どもができたら、そういう事をちゃんと言える親になりたいなと思った。

あー、お陰でなんだかとても素敵な1日になったよ。ありがとう。

 
このコメントに、他の多くのユーザーたちも共感していました。

 

みんなの声は…

見えないところで気を遣えるご夫婦は中々いませんよね。

見習いたいと思います。

こういうちょっとした心配り大切ですよね。

当然の様な態度でいられると、は?って思ってしまうことも、一言あるだけで「大丈夫ですよ~」って気持ちになる。

「頭の低い人は素晴らしい人間関係を築ける」

私もいつもそうありたいと思います。

実際に子どもが騒ぐとか、泣いてるとかの問題じゃないんですよね。

親が気を配れるか、謙虚になれるかで周りの気持ちは変わってくるんですよね。

「子どもが生まれたら、不本意でも頭を下げるつもりでいろ」と親に言われてました。

若い夫婦でも、そういう対応が出来るのって珍しいと思うので、余計に感動です。

 
無論、そうした「御礼の言葉」を受け取る側も、当たり前とふんぞりかえってはいけませんね。

 
互いに思いやりを持つこと。

その大切さを、改めて教えてくれるような一幕でした(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE