フォトグラファーのカースティ・ペレスさんは、とある夫婦が迎えた「出産の日」を撮影しました。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
痛みの中で必死に力を振り絞る奥さんと、その様子を心配そうに見つめる旦那さん。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
そして



KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
めでたく赤ちゃんが誕生!

旦那さんの目に、涙が浮かびます。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
感動の瞬間を残そうとシャッターを切り、カースティさんは尋ねました。

息子さんが生まれたのを見て、泣いていたのよね?

 
ところが、彼は答えます



そうじゃないんだ。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
実は、出産を迎えるまで…

奥さんは、様々な妊婦さんと向き合ってきたカースティさんも驚くほど、過酷な身体の不調と戦い続けていました。

激しい悪阻によって、13kg以上も体重が落ち、脱水症状で4回もの入院を余儀なくされてしまったといいます。

 
そんな彼女を気遣って、外の階段で夕食を取り続けていた旦那さんが、我が子とともに心から待ち望んでいたもの




この10ヵ月間で初めて、妻の笑顔を見れたんだ。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
願っていたのは、赤ちゃんの無事だけではありません。

涙は、愛する「2人」の生還がもたらしたものでした。

KPPさんの投稿 2018年6月18日月曜日

 
美しい写真と、心を打つエピソードに…

改めて、命の苛烈さと尊さを教わった気がします。

この記事が気に入ったら してね
LINE