7月2日、落語家の桂歌丸さんが81歳でこの世を去りました。

 
訃報を受け、ネット上には『信じられない』の声が溢れています。

 
多くの人々の胸に深く刻まれ、そして惜しまれているのは、やはり「自身の死亡ネタ」を巡る軽妙な掛け合い。

 
特に盟友・6代目三遊亭圓楽さんとの息の合ったやり取りは、番組の肝とも言うべき見せ場でした。

 
そして…彼が残した言葉は、ときにユーモアのみならず、「人生で大切なこと」も教えてくれています。

 
観る人誰もが「師匠」と呼んだ、偉大な笑いの生み出し手。

 
心から、ご冥福をお祈りいたします。

この記事が気に入ったら してね
LINE