アメリカ・ジョージア州フォーサイス郡で30年にわたって小学校の先生を務めてきたタミー・ワデルさん。

残念ながら彼女は先日、ガンとの闘病の末、58歳という若さで亡くなってしまいました。

 
そして、後日行われた葬儀にて…

タミーさんが従兄弟のジョンソンさんに託していた「最期の願い」が、参列者達によって叶えられたといいます。

 
それは



恵まれない子どもたちのため…

私の葬儀には、花の代わりに、「バッグいっぱいの学用品」を持参してほしい。

 
どんなときも生徒のことを考えてきた故人にとって、それは他の何よりも嬉しいプレゼントだったに違いありません。

 
ジョンソンさんは、一連の出来事について、Twitterにコメントを残しています。

彼女は、最期の最期まで立派な『先生』だったよ。

 
集まったカバンは、100人にも及ぶ同僚たちがタミーさんの棺ととも運び出し、自分たちの学校へと持ち帰りました。

 
1人の心優しい教育者の想いは、これからも遺された仲間によって、大切に引き継がれていくことでしょう。

この記事が気に入ったら してね
LINE