2児の母である高川朋子 (@darkmatter_tomo)さんが投稿した、「子どものしつけ」を巡る呟きに注目が集まっています。

 
親として、ときに我が子ではなく世間に向けて「怒声」を発している…。

この意見には、賛同の声が多数寄せられました。

 
ただ一方で、以下のようなコメントも。

 
様々な考え方がありますが、一つ確かなのは、最優先すべきは世間の目ではなく「我が子の将来」だということ。

どんな事情があれ、我々は絶対に、そこを見失ってはいけません。

 
ネットの反応

●すごい共感。帰ってから後悔が襲うんです

●ちょっと分かる。ちゃんと叱りますよアピール

●教育現場でもよくあるやつ

●もう、こういう『きちんと叱ってますアピールしないと許されない雰囲気』『子どもがいたら申し訳なさそうな態度をしないと許されない雰囲気』を撲滅したい

 
今回の問題における1番の原因は、「ごく一部の自己中心的な他者」ではなく、「多くの親が抱える罪悪感」の中にあると思います。

だからこそ…

 
仰る通り、もしも困っている方を見かけたら、「自分は味方だ!」と積極的に伝える姿勢を持ちたいですね。

この記事が気に入ったら してね
LINE