海外掲示板Imgurユーザーのbobisacatさんは、ある日の仕事帰り、線路を走る「小さな影」を目撃しました。

 
11時間に及ぶ仕事に疲れ果てていた彼女でしたが、ただ事ではない胸騒ぎを覚えます。

 
近くに行って確認してみると…

 
その正体は、チワワ!

辺りに飼い主と思われる人もいなかったため、bobisacatさんは声をかけてみましたが、全く応じてくれません。

 
それどころか、チワワは見るからに混乱している様子でフラフラと歩き…

なんと、穴に落ちてしまいました!

 
自分では這い上がれないだろうと考え、bobisacatさんは救いの手を差し伸べることにします。

実は彼女には、何年もの間、動物たちのシェルターで働いた経験がありました。

すぐに写真をSNSにアップして情報を求めつつ、チワワに近寄り、辛抱強く様子をうかがいます。

 
そして45分ほど格闘した末…

小さな犬は全力を振り絞り、無事にbobisacatさんの腕の中へと飛び込んできました!

 
車に連れ帰り、様子をよく確認すると、どうやら彼は目が見えず、耳も聞こえない模様です。

ハーネスを付けているため、飼い犬だということはわかりますが、どこにもタグや名札は見つけられません。

 
ご主人との再会は絶望かと思われました。

しかし



奇跡が起こります。

※イメージ画像

 
ドアを激しく叩く音に車を止めると、90歳になる老人の姿が。

彼こそが、17歳になるこのチワワの飼い主だったのです。

スポンサードリンク

 
4時間前に出ていったきり帰らない愛犬を、おじいさんは必死で探し続けました。

彼自身も「もうダメだ…。」と諦めかけていたとき、2人の姿を見つけたそうです。

感動の対面を果たした飼い主さんの目からは、大粒の涙が止まりません。

 
仕事の疲れをもろともせず、自分の直感と経験をもとに適切な対応をとったbobisacatさん。

その優しさに、心から拍手を送ります!

この記事が気に入ったら してね
LINE