シリア・アレッポ。

戦争によって行き場を失った猫たちを保護する施設を立ち上げたアラーさんは、ある日、妊娠中の野良犬・アミラに出会いました。

 
アラーさんは彼女を施設へ連れ帰り、来る時に向けて準備を整えることに。

それから2週間ほど経って、いよいよ出産を迎えたのですが



何とも痛ましいことに、生まれてきた3匹の子犬はすべて死産でした。

 
施設のスタッフは、与えられたテディベアを大切そうに抱きしめるアミラの姿を見て、そのショックの大きさを伺い知ったと言います。

 
そんなある日のこと。

施設にいた猫の1匹・ジュニアが、同じくテディベアに興味を示し始めました。

さらに子猫の関心は、たくさんのテディベアを必死に抱きしめるアミラへとうつります。

 
そして



 
ふいにジュニアが、アミラの体に頬を擦りよせました。

 
その瞬間、2匹の間に、大きな変化が起こったのかも知れません。

 
数日後、スタッフがアミラを見ると、ぬいぐるみを抱えておらず…

 
代わりに彼女に寄り添っていたのは、ジュニアでした。

 
愛おしそうに子猫を背に乗せるアミラ。

その姿は、まさに本当の親子のようです。

スポンサードリンク

 
以来、彼らはずっと一緒。

 
どんなときもジュニアを見守るアミラは、優しく頼もしい「お母さん」になりました。

 
ともに辛い過去を乗りこえた2匹は、これからも末永く、幸せに暮らしていくことでしょう。

この記事が気に入ったら してね
LINE