インドネシアのバリ島に住む26歳のリコさんが、仕事からの帰り道で出会った1匹の犬。

骨と皮だけにやせ細った彼女は栄養失調で、もう長くは生きられないように見えました。

 
けれども…満身創痍ながら、しっかりと開かれた青い目だけは、輝きを失っていません。

その光の中に「生きたい」という強い意志を感じた彼は、この犬にもう一度幸せになるチャンスを与えたいと考えます。

 
リコさんは自宅で懸命のケアを施し、栄養満点の食事を与えました。

 
少しずつ毛並みが良くなっていくにつれて現れた、特徴的な模様。

彼女は、ハスキー犬でした。

 
元気を取り戻していくうちに、持ち前の社交的な性格も顔を見せ始めます。

あまりにも人懐っこいハスキーの姿に、時折リコさんは、誘拐されないか心配になっていたそうです(笑)

 
そして、しばらくが経ち




リコさんと4匹の先住犬たちに囲まれて、犬は大変身を遂げました!

 
ボロボロだった皮膚も、分厚く美しい毛並みに包まれて、まさに健康そのもの。

 
グルーミングとクッキーがお気に入りで、常に命の恩人であるご主人のそばを離れないといいます。

 
過酷な境遇から生還した彼女は、最後にもうひとつ、リコさんから大切なものをもらいました。

この子の名前は、「ホープ」にしたんだ。

 
これ以上に素晴らしく、そして似つかわしい響きはありませんね(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE