5月9日、東京では25年ぶりに、2日連続で15度未満の最高気温を記録しました。

 
コレが、どれほどの異常気象だったのか?

うにプリン (@unipudding)さんが投稿した、とあるツイートに注目が集まっています!

 
1993年、深刻な冷夏を原因として、日本各地でコメ不足が発生。

翌年の後半に生産量が回復するまで、あらゆる店舗の商品棚から国産米が消え、海外からの輸入米が家庭の食卓に並ぶ事態となりました。

 
今回の呟きを受け、当時を知る人々からは、続々と驚きの声が上がっています。

 
ネットの反応

●あれから25年も経ったの?!

●8月がほとんど雨だった年だ

●水も米もあって当たり前じゃないんだって中学生心に思った覚えが

●不味い米があるなんて衝撃だった。まあジャポニカ米と同じ食べ方しようとしたからだけどさ

 
十分な量の食べ物が流通している現状に、改めて感謝せずにはいられない一幕でした…!

この記事が気に入ったら してね
LINE