11月のある日、アメリカ・ニューヨークのブルックリン区にある保護団体「Flatbush Cats」のウィルさんは、ゴミ箱の後ろから聞こえる、とても大きな猫の鳴き声に気がつきました。

 
すでにたくさんの猫を保護し、施設は満杯の状態。

しかし無論…ウィルさんに、小さな命を見過ごす選択肢はありませんでした。

Flatbush Catsさん(@flatbushcats)がシェアした投稿

 
ソニーと名付けられた子猫は、お風呂に入り、お腹もいっぱいなると、幸せそうに喉を鳴らし始めます。

 
コレでようやく一安心!

と、思いきや…

 
ウィルさんの耳に、なぜかまた、助けを求めるような猫の鳴き声が聞こえてきました。

 
不思議に思いながら、ソニーを見つけた場所に戻ってみると



 
なんとそこには、別の猫の姿が!

ウィルさんは、すぐにその子がソニーの兄弟であると気がつきました。

 
さて、再びどうにかして保護しなければと策を練りますが、コチラは臆病な性格なのか、触ることすら許してくれません。

あわや長期戦になるかと思われましたが…

 
ウィルさんの横にいたソニーの姿を見ると、猫の態度は一変。

「あいつがいるなら大丈夫か」と、すんなり出てきてくれました!

 
家族の絆が、見事に不安を打ち負かしたようです(*´∀`*)

スポンサードリンク

 
ウィルさんは、新たに保護した猫をサルと名付け、ソニーとともに動物病院へつれていきます。

 
彼らの体は寄生虫に冒されてましたが、適切なケアを施されると、みるみる健康を取り戻していきました。

 
以来、お互いのヤンチャな性格も垣間見え始め…(笑)

Flatbush Catsさん(@flatbushcats)がシェアした投稿

 
毎日早起きしては、2匹一緒にあちらこちらを駆け回っているんだとか!(*´艸`*)

Flatbush Catsさん(@flatbushcats)がシェアした投稿

 
幸せな再会を果たしたソニーとサル。素敵なエピソードに、心がほっこり温まりました!

この記事が気に入ったら してね
LINE