プリプリ (@_KEN_ZEN_)さんが、小学5年生の息子さんとお風呂に入っていたときのこと。

 
学校でイジメについて学んできた息子さんが、ふいに語り始めました。



叩いたりパンチしたりすると、血が出たりして傷ついてるのわかるじゃん!

 

でもさ、言葉でいじめたりすると、心の傷は見えないからやり過ぎちゃうと思うんだ!

 

「だから」



大人になったら、「心の傷が見える装置」を開発したい!

 
我が子の素敵な夢を聞き、プリプリさんは父として、思わず感動してしまったそうです。

 
ネットの反応

●開発資金援助するわ

●おいらも小中の頃はいじめられっこでした。息子さんのおっしゃること、確かに同感です

●世の中こんな子ばっかりだったら、そんな装置はいらないんだけどね。心の傷こそ見えないし、治りにくい

●お父さん、あんたの息子は立派に育つで…

 
息子さんが将来、どのような道に進んだとしても…

その温かな優しさを、何より大切に持ち続けてほしいですね(*´∀`*)

▶投稿本文

この記事が気に入ったら してね
LINE