節分が終わり…

誠に残念ながら、今年もネット上には「恵方巻きの大量廃棄」を巡る遺憾のコメントがあふれています。

 
そんな中で、土佐のカツオ (@hiro_uta)さんが投稿した、スーパーマーケット・ヤマダストアーの「とある提言」に注目が集まっていました。

 
「もうやめにしよう」

本当に、この一言につきます。

 
大量に捨てることを前提とした販売戦略。

仰る通り、もはやそこからもたらされる金銭的利益は、無駄となった食材はもとより、「愚行」に身を投じる各店舗が被るイメージダウンとも、全く釣り合わない所まで来ているはずです。

 
ネットの反応

●毎晩食べられるものをゴミ袋に入れる作業は胸が痛みます。かといって田舎なのでそもそも買う人がそんなにいない。by コンビニアルバイト

●この手の商品の厄介さは「前年度よりも売り上げ伸ばせ」というスローガンを掲げられる事なんですよねぇ

●クリスマスケーキや恵方巻きは完全受注生産限定品にしてしまえばエエのに

●これでいい。消費ばかりする時代はもう既に終わっていて、企業がなかなかそこに気が付かない

 
来年こそは同様の光景が繰り返されぬよう、心から願ってやみません。

この記事が気に入ったら してね
LINE