ウィーン在住のhyoro (@hyoroWien)さんが投稿した、「子どものたしなめかた」を巡る呟きに注目が集まっています。

 
なるほど…!

イタズラに熱中する子どもには、「相手がどう思っているか」という視点を与えることが非常に効果的なんですね。

 
気にかけるべきはタイミングと伝え方。勉強になります!

 
ネットの反応

●ポイントは冷静に淡々とってとこだろうな。反応するのではなく、子供の行動も止める。叱るってのはかまってもらえるってことだからね

●10ヶ月ぐらいの子どもでも「恥ずかしい」は分かるみたい、と一ヶ月前に人に聞いた。魔法の言葉だけど、多用は禁物かも

●昔担任の先生が「いじめられた事あるけどある日『しょーもな、アホちゃう』って言い返したら止んだ」って言ってたのを思い出した

●これ2歳にも効く。遊びだしたら冷ややかな目で「楽しくないよ」って言ったら「ままおこらないで」って半泣きになる

 
子どもの性格によって反応はさまざまかもしれませんが…

注意に苦労されている親御さんは、一度実践してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら してね
LINE