おませ (@666omase666)さんが紹介した、タレントの伊集院光さんがラジオで明かしたという「とあるエピソード」に注目が集まっています



 
それは、伊集院さんが落語家だった時代の出来事。

師匠から頂いた高価な着物を着て銀座の街で営業を行っていたら、突如として雨が降り出してしまいました。

 
すると…

彼の横に、一台のタクシーがとまります。

※イメージ画像

 
そして、中から運転手さんが言いました。

「お金はいいから、乗ったほうがいい」

 
突然の出来事に驚きつつも、これ幸いと厚意に甘えて車に乗り込んだ伊集院さん。

 
その後、運転手さんはポツリポツリと語りだしました。

「僕はね、呉服屋を潰してるんだよね。

だから、紋付きの良し悪しは分かる。

紋付きは濡れちゃダメなんだよ」

 
しかし…当時から現在に至るまで、銀座ではタクシーが指定された場所以外で夜に客を取ることは禁止されています。

そのため彼らの車も、まもなく見回りをしていたタクシーセンターの職員に捕まり、停止するよう言われてしまいました。

 
事情説明のために同行を求められた運転手さんは、別れ際、念を押すように伊集院さんへ再び言い残したそうです。

「紋付きを大事に!」

※イメージ画像

 
職業は変われど、着物に対する愛情は変わらない。

ドラマを感じさせる一幕に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられています。

 
ネットの反応

●粋なタクシー運転手だなあ

●なつかしい、ラジオで聞いたよ

●かっこよすぎる

●この落語聞いてみたい

 
誰にとっても、必ず一度は忘れられない「一期一会」があるもの。人情味に溢れた、大変素敵なお話でした。

▶投稿全文

この記事が気に入ったら してね
LINE