ある日、ニュージーランドに住むマロリンさん一家は、飼い犬・ルイの姿が見当たらないことに気がつきます。

 
12歳の老犬ということもあり、帰り道で迷ってしまったのかと心配していると、彼はまもなく疲れ果てた姿で帰ってきました。

 
立っているのも辛そうに地面に崩れ落ちた愛犬を見て、マロリンさんたちは「誰かに危害を加えられたのかも」と不安に思いましたが…

ルイの体をよく見てみると、首のところに何かメモのようなものが。

 
そこには



ルイは今日のヒーローだよ。

彼はボクを、枝の山に引っかかってもがいていたマディのところに連れて行ってくれたんだ。

 
メッセージの主は、近くで農家を営むロブさん。

マロリンさんたちは早速、電話で詳しい事情を聞くことにしました。



 
その日、朝から飼い犬のマディが見当たらず焦っていたロブさんの前に、何かを訴えかけるような様子で現れたルイ。

 
「この犬は何かを知っているに違いない!」

そう感じたロブさんが、先行する彼の後についていくと、苦しむ愛犬の姿が目に飛び込んできたのだとか。

 
マディを助け出す際も、ルイは枝を引っ張り土を掘り起こし、必死になって手伝ってくれたといいます。

スポンサードリンク

 
高齢で体の融通がきかなくなりはじめた。

そんな事情は、困っている他者を前にした「ヒーロー」にとって、とるに足らないものだったのでしょう。

 
マロリンさんは最後に語りました。

「私は、ルイを本当に誇りに思います」

その想いは、きっとマディも同じはずです(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE