今から1年以上前のこと。

アメリカ・デラウェア州に住むテレサさんは、1匹の野良猫・ラリーに出会いました。

 
ずっと他の猫たちと縄張り争いをしていたのか、片足の骨は折れ、身体も傷だらけ。

誰に対しても心を閉ざし、今にも襲いかかってきそうな姿勢を崩しません。

 
しかし、どうしても彼を見捨てることができなかったテレサさんは…

むき出しの敵意を向けられてもなお、毎日食べ物を運び、多くの時間を費やしてコミュニケーションを図りました。

 
そんなある日。優しい想いが、遂に実を結びます。

 
あれほど人間に関わろうとしなかったラリーが、喉を鳴らしながら、テレサさんの体へと頬を擦り寄せてきたのです。

 
その瞬間から、2人は大親友となりました。

 
ビンテージショップを経営しているテレサさんは、仕事中も寂しがらないようにと、毎日ラリーを連れて出勤することに。

 
すると、いつしか従業員としての自覚が芽生えたのか…

彼は、お店の「用心棒」として振る舞うようになったそうです。

スポンサードリンク

 
商品棚の下でドッシリと座り込んで、店内の安全を見守るほか…

 
お客さんにマッサージのサービスを行ったり…

Larryさん(@larry_the_security_cat)がシェアした投稿

 
パソコン作業に「猫の手」を貸したりするのも、ラリーの大切な任務です(*´艸`*)

 
日々の頑張りは、自分を助けてくれたテレサさんへの恩返しなのかもしれません。

 
これからもお店の看板猫として、大活躍してくれることでしょう(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE