「ちょっとお金が足りなくて…貸してくれませんか?」見知らぬ人にそう頼まれたとき、あなたならどう対応しますか?

 
一目見ただけでは、本当に困っているのか、もしくは詐欺なのかを見極めることは困難です。

そんな時の「対処法」を、鉄道会社に勤められているえっきー (@etuki2236)さんが紹介してくれました。

 
身分証を提示して誓約書に記載すれば、足りない分の運賃は貸してくれる場合があるとのこと!

 
これを受けて、田中佑典(シンターナ) (@Sinterna)さんが別の制度も紹介。

 
「公衆接遇弁償費」とは、財布をなくして家に帰れないなど諸事情を抱えた方に対して、交番勤務などの警察官が1,000円まで貸してくれる制度です。

これら2つの方法を教えてあげれば、詐欺を回避できるだけでなく、相手が本当に困っていた場合でも助け舟を出すことができます。見知らぬ人にお金を渡すのが不安な時には、使ってみてください。

Twitterの反応
この記事が気に入ったら してね
LINE