ベラルーシの首都・ミンスクにて。

高速道路を走っていたライダーが、あろうことか突然逆走を始めました…!

一体何があったのか、一部始終を捉えた車載カメラの映像をご覧ください。

 
ライダーは高速道路上で急にUターンし、そのまま走り出します。

 
トラックや車とすれ違いながら、彼が見上げた視線の先には



 
柵を乗りこえ、今にも橋から飛び降りようとする男性が!

 
走行中、彼の姿に気づいたライダーは、現場に戻って説得を試みようとしたのです。

 
大声を出し、身振り手振りで訴えかけるライダー。

 
緊急事態に気づいた他のドライバーたちも、車を止め協力を始めます。

そして…

 
命懸けの呼びかけが功を奏し、男性は柵の内側へと戻っていきました。

 
さらにライダーはハザードランプを灯しながら逆走を続け、彼のいる所へと駆けつけます。

 
聞けば、母を亡くした悲しみから自殺を考えていたとのこと。

何とか落ちつきを取り戻した男性は、その後、無事警察に保護されました。

スポンサードリンク

 
ライダーは後日、こんなコメントを残しています。

どうか許してください。ルールを破っていることは分かっていました。

でも他に方法がなかったんです。

止まってくれた他のドライバーさんたちも、本当にありがとうございました。

 
あのまま放置していれば…自殺者の男性はもちろん、他のドライバーまで命を失っていたかもしれません。

勇気ある判断に、心から敬意を表します。

この記事が気に入ったら してね
LINE