米国ノースカロライナ州ウィルミントン在住のアマンダ・ベーコンさんは先日、元気な赤ちゃんを出産しました。

そして、その日の内に病室で撮った写真をFacebookで公開したところ、非常に大きな反響があったとのこと。

こちらが、アマンダさんが投稿したその写真です。

 
生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするパパの後方には、産褥パッド(ナプキン)を装着したママの姿が!

男性はもちろん、女性のなかにも衝撃を受けた方がいたのではないでしょうか。

 
しかし、これが産後ママのリアルな姿。悪露(おろ)と呼ばれる出産後の大量の出血を吸い取るため、ショーツには生理用よりもずっと大きくて分厚い衛生用ナプキンをつけます。

アマンダさんは、何故このような写真を、あえて公開したのでしょうか。その理由について、Facebookには以下のようにつづられていました。

現実を撮った写真なので、公開しました。これが母親というものなんです。

生々しくて、衝撃的で、でも最高にユーモアにあふれてるでしょ?

赤ちゃんを産むことは、本当に素晴らしい体験です。でも、分娩後の現実はあまり語られることはないし、撮影されることもありません。

この写真を初めて見て、不快に感じた人もいると思います。

でも予備知識があれば、現実にこうした場面を目にしても、以前より不快には感じなくなるはずです。

だからこそ、赤ちゃんを産み育てること、分娩直後の生活、その他もろもろも含めて、あらゆる面を教育などで取り上げる必要があると、私は常々考えています。

ただしその際には、ユーモアを忘れてはなりません。

産まれたての超可愛い赤ちゃんとママの巨大なおむつは、ありのままの母性なのです。

母性にようこそ!

 
このアマンダさんの投稿には、瞬く間に53万以上のいいね!と、10万件以上のコメントが寄せられました。

スポンサードリンク

 
アマンダさんはほかにも、「リアルなママはこうだよ」という写真を公開しています。

授乳とおむつ替えの繰り返しで、まとまった睡眠がとれず、この表情。

 
泣き止まない赤ちゃんには、自分も一緒に泣いちゃえ(笑)!

 
いくつもの写真に表れているとおり、子育てには大変なことが山ほどあります。

 
それでもアマンダさんたちは、とっても幸せそう!

 
大変なこと以上に喜びがある。それが子育てというものではないでしょうか!

この記事が気に入ったら してね
LINE