アメリカ・ロサンゼルスに住むコナーさんは、帰宅途中に生後6ヶ月ほどの子猫と出会いました。

 
骨と皮だけにやせ細った彼女は、どうやらコナーさんのことが気に入ったようで、後を追うように家の中まで入ってきます。

 
そのいじらしい姿に心を打たれ、ひとまず玄関ポーチに寝床を用意してやることに。

 
再び外出して戻ってきた後、小さな体を抱きあげ膝の上に乗せてやると…

安心したのか、静かに眠りにつきます。

 
見ず知らずの自分を、ここまで信頼してくれている。

愛着がわかないわけがありませんが…

 
コナーさんには、猫を飼えないとある事情がありました。

 
獣医のもとに連れて行くと、迷子用のマイクロチップも埋め込まれていないことが判明。

 
その後…

恐れていた事態が現実になります。

 
コナーさんの持病である、「猫アレルギー」が発症してしまったのです。

スポンサードリンク

 
何も分からない猫は、コナーさんが別の部屋にいっている間も、パパの姿を探して歩きまわります。

 
急ピッチで進めていた別の飼い主探しも難航し…

その間、心は揺れ動きました。

こんな顔を見せられて、どうやって仕事に行けと言うんだ

 
そして…コナーさんは心を決め、周囲の友だちに宣言します



この子をソックスと名付け、家族に迎え入れることにした。

僕は、彼女を愛しているんだ!

 
薬を飲みながらでも、一生をともにする。

彼はそう決断したのです!

 
幸いなことに服薬後数日すると、アレルギー症状もひとまず落ち着いたとのこと。

 
優しく献身的な飼い主と巡り合ったソックス。

彼女の未来は、まばゆく光り輝いています(*´∀`*)

この記事が気に入ったら してね
LINE